【ASAマガジン】ADAS機能調整を牽引する藤田氏の見据えるエーミングの可能性とは。

2021.03.23



SPEAKER

藤田 隆之(プロフィール詳細)
株式会社ティーワールド 代表取締役

インタビューアー:木下 寛士(プロフィール詳細)
オートアフターマーケット再興戦略基盤 代表


特定整備で何が変化した?


木下:これだけのエーミング機器が並んでるのは初めて見ました。


藤田:そうですね、展示会とか行ってもなかなかないでしょうね。


木下:2020年あっという間に一年過ぎて、2021年になりますけれど藤田さん的にいかがでしたか?今年振り返って。


今年の年明けはゆるい感じで進んでいってたんですけど2月の中旬くらいからかな、ばたばた世間が騒ぎ出して、それからエーミングもエーミングも数年前から準備して、結局この4月に特定整備っていうのが出てきてそのあたりがざわざわざわざわしてきたと同時になんかもうちょっと法規化した後にどうだろう、動きがゆっくりかなって言ってたんだけど、動き方は早いよねけど全国の統計でいくとそんなに特定整備も数が増えてないって聞いてるけど実際作業、現場でやってるところっていうのは多分すごい数持ってて、全体はまだ動いてはないけども動き始めてるところには仕事が入ってきてますよね

うん、きてるでしょうね。ていう状況下の中でまあコロナ禍で中々研修っていうのも進んでなかったりとか受けにいく人たちもまだまだ少なかったりとかっていうのを聞く中ですごい早い段階で動いてきちゃうのかなっていうのは正直ありますね


具体的にどういう話とか藤田さんのまわりとかありますか?


僕の周りだともうそのディーラーさんの中古車関連のところだとかあとそこに該当する車屋さんであったりとかエーミングってカメラとかレーダーガラス変えた時はカメラだよね、バンパー取り替えとかラジエーターのコアサポート交換とかなっちゃうと当然エーミングは??ミリ波レーダー交換してエーミングするっていうふうになっちゃうんだけど、なんか実はね、そこに伴う作業、例えばバンパーの中にコーナーセンサーついてるでしょ、それを交換したら国産車のメーカーだと登録したりとかっていう作業がその中に入ってくるんだけどそこの作業とかもひっくるめてエーミングの再構成みたいなそういうのが仕事の流れになりつつあるね  


海外とかでいうとエーミングっていうよりADASとかプロフェッショナルなADASの作業とかプロADASとか言ったりするんですけど、電子制御装置全般に関わるものが動き始めた感じですか?


そうそう、本当にそこは電子整備構成屋さんみたいなそんな感じの位置づけになりつつあるのかなって感じですかね。


バンパー交換したりとかどこかの部品交換したりしたらあいつのとこに持って行けよって構成せてくれるぜみたいななんかそういう何屋、何屋みたいな車の販売屋さんとか修理屋とか鈑金屋さんとか保険屋さんとか今までの流れであったけど、そこにエーミング屋さんみたいな新たなカテゴリーが今後生まれてくるのかなっていうそんな感じは思うね

実際エーミングとかをやっていく中において全車種できるわけじゃないじゃないですかどんなに機器揃えていてもやっぱり純正機じゃないとだめとかいろんな環境があると思うんですけど、エーミングが始まる前はディーラーさんの仕事に全部なるんじゃないかみたいな結構聞いてたんですけども、始まってみると違う要素も多いのじゃないかなと

はじめは囲い込みみたいな感じで僕たちも思ってたんだけど、実はそんなこともなく、従来のスタイル、外注は外注さん、専業は専業さんなりの、役割ってあったじゃないですか、そこに新たなカテゴリーが加わったみたいな感じでより昔よりそこの感じは強いかもしれないね。

仕事が増えたっていうよりは外注していた部分が分散されてたものが集中していくみたいな感じですか。集中していくっていうところでいうと、出せる工場がより一層選ばれるようになってくるし、選ばれるこうじょうにはより一層お願いするケースが増えてくるっていう事ですよね。

そこが今までと違うところだね、どこでも誰でもできちゃうっていうそれが標準化するのに一番なんだけど、そこの土俵がちょっと高い位置に今までと比べるとあって、僕よく言うんだけど、ツール買ったらその日から使えたりとか、次の日から使えたりとか、お金になるからですね、この整備業界。ところがADASのエーミングに関しては、ツールはあっても知識とかツールとか、経験とかっていうのが重複して進んでいかないと中々ツールがあるからできるだろうってはならない、そこが進むのにこうブレーキがかかってるのかなっていうのもあるけど、それも数がでてきたら、逆にやるしかないからどんどん浸透していくって思うんだけど、はじめにやっているところって非常にマジになるよね。新しいものがどんどん出てくる中で、いきなりそこにきてないから、そこの人たち、徐々にステップとして今の仕事があるわけで

最初に始められる方って情報も少ないし、始めるにあたって苦労も多いかとは思うんですけど、逆にいうと今初めてないと後からきゃっちゃく?出来るかというと、かなり難しいですよね。

これから外注さんとかも、専業とかいろんなカテゴリーの外注さんあるけど、一社で最終的に完結するのか、分業でシステム作ってやるのか、この二つになるね、だからディーラーさんとかも外注出すけど、そこで全部完結してきてよっていうのが、多分主流になってくるし、

ディーラーさんの視点からするとそれが一番助かるってわけですよね。

それが本来の外注の出来上がったものっていうものだと思うし、そこにまた戻してきて、自社で、ディーラーさんでね、エーミングしてとかいうのは中々数が増えてくるとできないと思うな。どうしても外注したとこで全部完結して、そこで出来なかったらそこのグループ内でね連携してできるような仕組みを整えていかないと、今から発売する車全部ADASついちゃうわけですから、ものすごい数になるじゃないですか。

2021年の10月からでしたっけ、今までだと故障コードだけエラーコードだけ消すみたいなことができたのもできなくなりますよね。

特に板金塗装、修理に関しては、その新しいものを直すじゃん、もしぶつかっちゃったりしたら、そこの需要っていうのは絶対的に出てくるし、それって最新のものなんで、それなりの設備とかね、ツールも含めて持っておかないと、対応できなくなる。だけど絶対そこの仕事はあるんですよ、なくならない、そこを取りにいけるかどうかっていうのは、?判断でもあるし、その前代のスキルをね高めないとその仕事は取れないっていうねことになるんで、2021年は今年よりもっとそういうのが出てくるんじゃないの?

もうすでにレベル3の発売の話も出てますし、それに伴ってライダーの要望がよく出るようになってきましたね。

それがどの時点でどのくらい普及するかまだわかんないけど、けどそんな遠い将来じゃないし、逆に言えばもっと近いところにあったりとかするかもしれない、それはわかんないけどいきなりそこにはいかないから段階を経てそこにいくだろうからまあその準備を十分今からやっていくっていうのも大事かなって思うけどね。

フロントのカメラでしたり、ミリ波とかが主だと思うんですけども、これからサイドとかリアの方まで広がっていくっていうお話も聞いてますけれど

確実にリアはいくんじゃないの、後部もきかされるような、仕組みとしたらそうですよね、後ろから追突されそうになったらさ、事前にシートベルト巻き上げるとかね、ドライバーに警告させるとか普通に考えたらそうなるだろうなってあるじゃないですか今から増えるのはパーキングアシストだったりとか、駐車支援とかね、年取ってくるとそういうのがどうしても自分の中で不注意になったりとか、今まで見えてたものが見えなくなったりとか、そういうのがデバイスで補ってもらうのがすごいいいなって思いますけどね、それがアクシデントで壊れちゃったりすると、現場の人たちは構成を含めて元に戻すっていう作業が出てくるから、それはそれで大変なのかなって思いながらだけどこれからいるよなって思うもんね。